Close

アミノ酸について

リジンはヒトの体内で合成することができない必須アミノ酸であるため、その分解は不可逆的です。リジンは白い結晶性粉末として炭水化物源の発酵によって生産され、無臭ですが若干の苦味があります。また、易水溶性ですがアルコールにはほとんど溶けません。
 
...
BCAAは、3つのケト原性必須アミノ酸(ロイシン、バリン、イソロイシン)のグループです。BCAAは構造上、分子の本体に分枝を持つので分枝鎖と呼ばれています。BCAAは遊離(非タンパク)型で骨格筋内に最低限度量が存在しますが、これらの3種の必須アミノ酸の組み合わせはヒトの骨格筋の約3分の2をタンパク質の形で構成しています。BCAAは結晶粉末または結晶性粉末で取引され、無臭性ですが少し苦味があります。BCAAはすべてギ酸に易溶性ですが水には難溶性で、アルコールにはほとんど不溶性を示します。
 
...
トリプトファン(Trp)は9つの必須アミノ酸の1つで、毎日の食生活の中で摂取しなければなりません。成人男性のトリプトファンの所要量は4.0mg/kg(体重)です。1970年代以降、トリプトファンが神経終末による神経伝達物質セロトニンの形成速度に影響し、またメラトニンの前駆物質でもあることが発見されたため、トリプトファンを摂取して精神的ストレスを軽減したり、睡眠を改善するアイディアが取り入れられています。脳内トリプトファンはトリプトファン及び炭水化物の血漿内供給に共依存しています(Fernstrom, 1983 & 1991)。反対に他の大型の中性アミノ酸(LNAA:チロシン、フェニルアラニン、ロイシン、イソロイシン、バリン)の血中循環濃度の影響を受けており、トリプトファンの生成は栄養的側面に依存しています。食事によるトリプトファンの供給が不足すると、急速かつ深刻な脳内セロトニンの活性低下をもたらします。トリプトファンが不足すると、季節性情動障害、不安症、...
アルギニンは、ヒトの体内に存在する最も重要なアミノ酸の一つです。アルギニンはヒトの体内でタンパク質を構成する20種類のアミノ酸の1つです。
 
アルギニンは、工業的には白い結晶性粉末として炭水化物の発酵により生産され...
グルタミンは、ヒトの体内に存在する最も重要なアミノ酸の一つです。
 
グルタミンは体内で豊富に存在する物質であり、ヒトの体内でタンパク質を構成する20種類のアミノ酸の1つです。
...
アミノ酸は、アミノ(NH2)基とカルボキシル(COOH)官能基の両方を持つ比較的単純な分子です。アミノ酸は進化的観点から見て、炭水化物、脂肪酸、基礎的栄養と並び太古から存在しています。20種類のアミノ酸は、成長、窒素平衡、宿主防御の維持、神経系(Fernstrom,2000;Young et al.,1994)や筋肉の機能、さらに遺伝子発現調節(Fafournoux et al.,2000)にとって最低限必要な成分です。アミノ酸の異化作用は、解糖経路とクエン酸回路の中間生成物を介してエネルギー源になります。しかし、体内に大量のアミノ酸を蓄えておくことはできず、全ての組織や器官を統合的に機能させて恒常性を巧みに維持していかなければなりません。従って、アミノ酸の所要量は健康に大きな影響を及ぼします (Rose, 1957;Millward,1994;Young,1998;Young and Borongha,2000)。9種類のアミノ酸は日常の食事において必須であると考えられていますが、年齢(Baertl et al.,1974;Schober et al.,1989)、栄養状態(Kurpad et al.,2003)、大きなストレスに晒されることなど行動心理学面の影響が明らかになったことで(...