Close

アセスメント・ワークショップ

Past Assessment Workshops

9th Amino Acid Assessment Workshop (AAAW) - 15 & 16 October 2015 - Paris
Thu, 2015-10-15
Paris, FRA

On October 15-16, 2015; ICAAS sponsored the 9th Amino Acid Assessment Workshop (AAAW). Similarly to all previous AAAWs, the 9th installation of the event was constructed and supervised by the ICAAS Scientific Academic Committee, currently made of Profs. Denny Bier (Huston), Luc Conober (Paris), M. Kadowaki (Niigata), Sid Morris (Pittsburgh) and R. Elango (Vancouver).

The event was organized at the “L’Hotel du Collectionneur” (Paris, France) and as many as 76 leading scientists participated. Day 1 morning session was focused on animal and human data relevant to the safety of the semi-essential amino acid arginine. Presentations and discussions were emphasizing the outcome of ICAAS-sponsored research projects and on the use of new data to determine the upper...

第8回AAAW2011年11月10-11日、ワシントンDC
Thu, 2011-11-10
ワシントンDC
2011年11月10日及び11日の2日間、リッツ・カールトン・ホテルジョージタウン(米国ワシントンDC) にて、第8回国際アミノ酸科学協会ワークショップ(AAAW)が開催されました。
世界11カ国から65名の産学官の専門家らが会議に出席しました。本ワークショップでは、種々の条件の下でヒトが摂取する様々な量のロイシンおよびトリプトファンについて、その結果を評価・予測するための枠組を確立することを目的に、アミノ酸栄養学、代謝、細胞、分子生物学、毒物学、規制・政策の各分野の専門家による対話が継続できるようになっています。第1日目の午前中のセッションでは、国際生命科学研究機構研究財団(ILSI RF)と共同スポンサーになり、栄養素の上限値確立を目指すILSI RFのアプローチに着目しました。4人の講演者が、不純物や栄養素の上限値確立を目指す最新のアプローチについて説明をおこないました。
 
第1日目のその他のセッション及び2日目のセッションでは、ロイシン及びトリプトファンの安全性がテーマでした。ICAASが支援するこの2つのアミノ酸に関する研究プロジェクトの成果に着目し、その摂取安全域の上限値を決定するためのデータの利用方法にスポットを当てました。主な講演者であるPaul Pencharz博士(カナダ・トロントの小児病院)と加藤久典博士(東京大学)は、...
第7回AAAW2007年11月2-3日、東京
Wed, 2011-11-02
東京
オーガナイザー:D.Baker, D.Bier, L.Cynober, Y.Hayashi, M.Kadowaki, S.Morris and A.Renwick
主な内容
I. 栄養素の上限摂取量設定の考察(ILSIとの共同考察)
II. グルタミン酸(Gln)及びプロリン(Pro)の適切で安全な摂取量を評価するための動物モデル及びバイオマーカー
プロシーディング:JN Suppl.,Vol.137 No.6S-I(2007年6月)
第6回AAAW2006年11月6-7日、ブダペスト(ハンガリー)
Mon, 2006-11-06
ブダペスト(ハンガリー)
オーガナイザー:D.Baker, D.Bier, L.Cynober, Y.Hayashi, M.Kadowaki, S.Morris and A.Renwick
主な内容
Animal models and biomarkers for assessing adequate and safe intake of Lys, Arg and related amino acids.(リジン(Lys)、アルギニン(Arg)および関連アミノ酸の適切で安全な摂取量を評価するための動物モデル及びバイオマーカー)
プロシーディング:JN Suppl.,Vol.137 No.6S-I(2007年6月)
第5回AAAW2005年10月24-25日、ロサンゼルス
Mon, 2005-10-24
ロサンゼルス
Anim.models&biomarkrs fr assessing adeq.diet.intake of sulfur-containing AAs(SAA): Metabol&function, Adeq. range for SAA & biomarkers for their excess, Effects of SAA excess & suggested UL(硫黄を含むAA(SAA)の食事による適切な摂取量を評価するための動物モデルおよびバイオマーカー:代謝及び機能。SAAの適切な摂取域と過剰摂取のバイオマーカー。SAAの過剰摂取の影響と許容上限摂取量(UL)の推奨値。)
プロシーディング:JN Suppl.,Vol.136 No.6S-I(2006年6月)
 
第4回AAAW2004年10月28-29日、神戸
Thu, 2004-10-28
神戸

オーガナイザー:D.Baker, D.Bier, L.Cynober, Y.Hayashi, M.Kadowaki and A.Renwick


Animal models and biomarkers for assessing adequate dietary intake of BCAA: Diff. b/w nutr. vs toxicol. effects, Biomarkers for nutr. effects and toxicity, How similar are animals...

第3回AAAW2003年10月23-24日、ニース(フランス)
Thu, 2003-10-23
ニース(フランス)
オーガナイザー:L.Cynober, Y.Hayashi, M.Kadowaki and V.Young
 
Factors affecting amino acid adequacy and their regulatory impact: Physiological factors, variation among populations, scientific issues associated with risk assessment(アミノ酸の充足要因と規制への影響:生理学的因子、個体群内の変異、リスクアセスメントに関連した科学的問題)
プロシーディング: JN Suppl.,Vol.134 No.6S(2004年6月)
...
第2回AAAW2002年10月31日-11月1日、ハワイ
Thu, 2002-10-31
Hawaii
オーガナイザー:L.Cynober, Y.Hayashi, M.Kadowaki and V.Young
主な内容
Background and framework of risk assessment, pharmacokinetics, function and metabolism, What can be learned from Genome sciencec(リスク評価のバックグラウンドおよび枠組、薬物動態学、機能、代謝。ゲノム科学から何を学ぶことができるか。)
...
第1回AAAW2001年7月1-2日、東京
Sun, 2001-07-01
Tokyo, Japan
オーガナイザー:Y.Hayashi and V.Young
主な内容
Review of AA science status review of, Function, Untoward consequences of abnormal intake, Evaluation of desirable & undesirable intake.(アミノ酸の科学的ステータスの検討:機能、異常摂取による予期せぬ影響、望ましい/望ましくない摂取の評価)。
プロシーディング:ILSI. 2001;68:87-92.(日本語)
 
...